コツボゴケ ~梅雨は恋の季節~



【コツボゴケ】




わりと明るい場所の地面にはえていました。

コツボゴケは雌雄異株でこの時期に生殖活動を行います。

地面に這うように広がっているのは、生殖活動ではなく範囲を広げるための部隊。

立ち上がって上へ伸びているものがあれば、子孫を残すための活動部隊。




コツボゴケの雄株 造精器

雄株で作られた精子が、雨の水で運ばれ雌株にたどり着くと受精します。

なので、雨の多い梅雨の時期に造精器・造卵器がつくられるの。

精子は動物の場合と同じで、鞭毛活動によって水の中を泳ぐんだけど、

自力では数cm進むのがやっとなんじゃないかな~

だから受精するかどうかは雨任せってことね。




コツボゴケの雌株

雨任せでここにたどり着くのって、、、、

ほんと偶然ぽいけど。



梅雨はコツボゴケにとって恋の季節ってことなんですね。









コメント