道草




【道草michikusa】

文字通り道端の草のことであり、慣用句の「道草を食う」から、目的の所へたどりつく途中で、他のことにかかわって時間を費やすことの意味で使われる。


【道草を食う】

馬が道端の草を食っていて、進行が遅れる。 転じて、目的地へ行く途中で他のことに時間を費やすこと、途中で手間取ること。





道端に生えている草を見ながら寄り道をする、そんな道草いいじゃない。