2013年11月29日金曜日

葉で見せるシクラメン。




昨日は、卸屋さんの展示会へ情報交換と色んな植物の勉強に行ってきました。

毎年ここの展示会に行って思うのは、

シクラメンの育種の凄さ。


数年前に八重咲きを見かけるようになったと思えば、八重でも色々バリエーションが出てきている。

サイズの大小はもちろん、花の形・葉の形・花の模様・葉の模様

育種目線でみるとワクワクドキドキする。



さてさてそんな中、今回はシクラメンの葉に注目してみました。




M氏一押しのフリル葉シクラメン。



斑入りのものも



シルバーも綺麗



これもフリル系ですね。



オーソドックスな感じですが、
よくよく葉だけみると面白い模様していますね。



このシクラメンの葉 面白いですね~

と言って買っていかれるお客様が何人いるかはわからないけど、

沢山ある商品の中から、こっちの方が良いよって一押しする売りにはなるんじゃないですかね。


庭で楽しむガーデンシクラメンの中にも、こういったバリエーションが出てくると、

消費者目線では面白いのかな~ などと思いながら眺めていました。








2013年11月28日木曜日

道草ワークショップ @養老酒造 第二弾 開催しました。



一昨日、養老酒造さんでの道草ワークショップ 第二弾 クリスマスの寄せ植え

開催しました。



コケを丘のように見立てて

コニファー、ガーデンシクラメン、ハクリュウを使って、

クリスマスらしい寄せ植えを作成しました。








こんなんできました。




次回は、12月24日(火曜)13:00~

松を使ったミニ盆栽のワークショップです。

お正月直前企画というつもりが、、、

クリスマスイブじゃん。

わはは、まあそういうことで、クリスマスが終わったらすぐにお正月にチェンジできるように、

可愛いミニ盆栽つくりに来てください。



こんな感じのが作れますよ!





2013年11月26日火曜日

ISAWA温泉 朝マルシェ



日曜日に ISAWA温泉朝マルシェ出店してきました。

春以来実に久々の出店。。。






来年は3月からスタートだそうです。

新たな企画もあるそうなので期待ですね!




こちらは、メンテナンスをお願いされたヤブコウジの苔玉。

だいぶ植物が大きくなっているのと、



苔玉にカビが発生。。。





新しい土と肥料を足して、コケを巻き直しました。

お正月前にすっきり!



赤い実が綺麗ですね~。



道草では苔玉やミニ盆栽、蘭の鉢植えなどのメンテナンスや栽培相談を行っております。

出店・教室の際にお持ちいただければ無料で診断いたします。

メールでも栽培相談出来ますので、気軽にご連絡ください。






2013年11月25日月曜日

からふる苔玉教室 開催しました。


土曜日にプロトリーフガーデンアイランド玉川店さんにて、

からふる苔玉の作成教室を行ってきました。

その様子をと思ったのですが、、、

例によって写真の撮り忘れ。


完成形だけでも撮っておけば~





作成前の様子です・・・



山梨県育成品種 夕凪というミニ胡蝶蘭を使いました。

山梨県のお花のPRもちゃっかりできたら良いじゃない。




1Fのレジ横で販売しているビン入りの「小さなコケの森」シリーズ。

新たに色々なサイズが加わりました!




次回は12月21日13:00~16:00
「苔と蘭の楽しみ方」というタイトルで、店頭にて実演販売いたします。
この時だけしか販売しない商品もあるのでお楽しみに!
(このときに和蘭の苗も入荷しますよ~)






2013年11月21日木曜日

シクラメンを使った寄せ玉




苔玉って渋いイメージだけど、

こんな感じに仕立てるとクリスマスにもぴったりオシャレに仕上がります。



マイクロシクラメン + ハクリュウ + ハイゴケ







2013年11月20日水曜日

道草ワークショップ @酒蔵櫂 第二弾!



道草ワークショップ 第二弾!

【場所】養老酒造酒蔵櫂

【日時】11月26日(火曜)13:00~

【参加費】3000円(コーヒー・ケーキ付)
※要予約

【予約】道草または、酒蔵櫂まで。

道草 hide.ishiko@gamail.com ・ FAX 0553-39-8563

酒蔵櫂 TEL 0553-22-4047

【持ち物】道具は全て用意します。汚れても良い服装でいらしてください。




今回はミニシクラメンとコニファー、リュウノヒゲを使ってクリスマスらしい寄せ植えを作成します。

当然道草らしく、コケを使って装飾!









2013年11月19日火曜日

からふる苔玉 ワークショップのお知らせ



【かわるふ苔玉ワークショップ】


可愛らしいミニ胡蝶蘭を使ってポップなからふる苔玉を作成しましょう。

今回は吊り下げて飾る楽しみ方もできるよう、苔玉へ細工します。


「せっかく作っても蘭は来年咲かないでしょう~」
という方にも今回のワークショップはおすすめ!

蘭を育てる基本のお話しもさせていただきます。

作品作りだけじゃなく育て方も勉強できちゃう。




【場所】プロトリーフガーデンアイランド玉川店


【日時】11月23日(土曜)14:00~

【参加費】2500円

【要予約】ご予約はプロトリーフガーデンアイランドまで。
TEL 03-5716-8787















コケ栽培セット


道草オフィシャルサイト内に「コケ栽培セット」のページができました。
育て方楽しみ方など詳しく載っていますのでご覧になってください。


「コケ栽培セット」ホームページへ
http://www.y-michikusa.com/kokeset.html



「かいなび」で苔玉作成やります。



NHK甲府の「かいなび」に苔玉作成で出演します。

放送は11月22日(金曜)11:35頃~ 

今回は収録だったので前回よりは緊張せずにできました。


放送みて私も作ってみたい!
って人がいるといいな~








2013年11月18日月曜日

コケなのにコケと名の付かないコケもある。


【コウヤノマンネングサ】


コケじゃないのにコケと名の付く植物がいっぱいあるように、

コケなのにコケと名の付かないコケもある。


大型で一見するとシダ植物のようにも見える。


乾燥するとすぐにいじけてしまうこのコケの
柳のように枝垂れる姿がとても美しい。








2013年11月16日土曜日

竹繭で苔玉




本日、甲府のCafe&Gallery富雪にて

苔玉イベント開催します。



一緒に苔玉吊るしませんか?







2013年11月13日水曜日

クモノスゴケ ・ ツボゼニゴケ ・ オオカサゴケ ・・・


自分の復習のための記事です。。





オオカサゴケ。

上から見ると直径2cmほど。

大型のコケはまた見ごたえがある。

しっかし2cmでも大型か。。

今回の観察会で一番のお気に入り。





クモノスゴケ

ぬるぬるワカメみたいなコケ。

始めに気になったやつです。






ツボゼニゴケ

だんだんゼニゴケの仲間も愛せるようになってきました。



それにしてもせっかく持って行った一眼を車に置き忘れるという失態。

スマホカメラにルーペくっつけて一生懸命とってみました。

マクロレンズ装着していったのに~









2013年11月12日火曜日

蘭展Ⅱ ~遠い春の約束~




蘭展Ⅱ
‐遠い春の約束‐

「暮らしの中に蘭がいる。」をテーマに大阪に引き続き、山梨で蘭展を開催いたします。今回からクリスマスローズも仲間に加わりました。色々な分野の16名のアーティストが作品展示、表現をします。是非ともご高覧いただき、蘭を含めた植物に関心を持っていただけたら幸いです。
あーとらぼ 関山雅昭

【日時】12月14・15日11:00~16:00
【内容】作品展示 / 蘭・クリスマスローズ関連の販売
【入場】無料
【会場】養老酒造・酒蔵櫂 山梨県山梨市北567
※15日13:00頃から田中峰彦・釜本早季子演奏
 こちらのライブは無料でご覧いただけます。


<ライブイベント>
【日時】12月14日 16:30~20:00
【参加費】2000円(ドリンク付/500円お買物券付)
     ☆小学生以下無料
     ☆予約なしでご参加いただけます。
【内容】
・フラワーアレジメントxピアノ演奏
 ・蘭xクリスマスローズ トークショー
  ・花髪飾りパフォーマンスxシタール演奏


<参加アーティスト(16名)>

石河英作(道草) 和蘭と苔が織りなす空間展示

石田隆博(石田蘭園) シンビジュームの展示(市野茂子・器とのコラボ)

市野茂子(丹窓窯) 水と土をテーマにした器展示(石田隆博、佐野拓也の蘭とのコラボ)

樫本晃一(ミヨシ) クリスマスローズの展示(松野サトキ・陶器とのコラボ)

釜本早季子(シンガーソングライター) 和蘭をイメージした作詞・作曲と演奏

佐野拓也(サノオーキッド) パフィオの展示(市野茂子・器とのコラボ)

清水宏次郎(hanauta) フラワーアレジメントのライブパフォーマンス(チャンティと共演)

志村三枝(多摩花賣所) 髪花飾りライブパフォーマンス(シタール演奏と共演)

田中峰彦(シタール奏者) 蘭をイメージしたシタール演奏(髪花飾りと共演)

チャンティ(シンガーソングライター) 蘭をイメージした演奏(フラワーアレジメントとの共演)

友田多紀(清水焼・絵付け師) 素材や技法にこだわらない蘭の絵付け展示

福田恵(和菓子・福田屋) 蘭をモチーフにした和菓子の展示

松井泰憲(写真家)  蘭の魅力を独自の視点で写真表現

松野サトキ(陶芸家) 陶器の展示(樫本晃一のクリスマスローズとのコラボ)

山村英樹/Romi(山梨大学助教)  蘭のDNA配列を音に変換し作曲

横山直樹(横山園芸) 蘭とクリスマスローズの魅了を語りで表現(石河英作と共演)

【主催】
・あーとらぼ(men at work)・関山雅昭
・道草・石河英作 

【問い合わせ】 道草 hide.ishiko@gmail.com


コケ観察会 青梅に行ってきました。



岡山コケの会関東支部のコケ観察会に参加し、

青梅に行ってきました。

参加者によるとすぐに申し込まないといっぱいになってしまう人気企画とか!

参加者は年齢・性別バラバラ。

なんとなく30代コケ女 と 60代コケ男

というような感じ。


この異色な集団がルーペをもって石垣や木についたコケを覗きながらニヤニヤ。

時折歓声・・・!

やはり何度か、何の観察しているんですか~?

と声をかけられました。




さてさて、今回の目的は実物見ながらコケの名前を覚えることと。

そして、自生環境を勉強して、栽培に活かすこと。



コケの名前は正確には顕微鏡で観察しないと分類できないものが多いんだけど、

目視で○○の仲間ってところまではわかるようになりたいのです。






始めに、ホソバオキナゴケがビッシリ付いた杉の大木。

盆栽によく使うお馴染みのコケちゃんだ~



写真でみてわかる通り、木の半分にだけコケが生えています。

開けた日当たりのよい側にはほとんどはえていないんです。



ほら。

木の立っている位置によって生えていない部分の方角は違うので、

日の強さの問題より、日が当たることによる乾きの影響でしょうか?

コケが生えている側も、完全な日陰というより明るめの日陰といったイメージですね。




翁ちゃん。のあっぷ。



近くの看板に年間の雨量が多く、多湿って書いてありますね。。。




木々の枝から垂れ下がるキヨミズイトゴケ もしくは イトゴケ。。


金網にまで~

ビッシリ!

おそらく空気中の湿度が高いのでしょうね。




行きは山梨から柳沢峠、奥多摩湖を越えて青梅へ

奥多摩湖を越えたあたりから霧が立ち込めていました。

たぶん、朝霧が発生するような環境がコケをイキイキさせているのだろうな。


観察した御嶽周辺は、道や家の屋根にもふさふさコケが生えていました。

山梨と東京の堺、青梅。

知らなかったコケスポット。


またコケを見に来よう。




2013年11月8日金曜日

小さなコケの森




小さなコケの森。

手のひらサイズの小瓶に入ったコケ。

適度な湿度が保たれてコケが少しずつ成長していきます。

盆栽にしたコケは育てにくくても、

結構簡単に育てることができるんですよ。






南青山のインテリアショップ MA by So Shi Teさんにて販売していただいております。

興味のある方は是非覗いてみてください。








2013年11月6日水曜日

ナミガタタチゴケ



【ナミガタタチゴケ】

細長い胞子体がリズミカルに踊っているよう。


胞子体はコケの花。

「コケの花って可愛いですよね~」とよく言われる。

いえいえこれは胞子体でね。
コケには花は咲かないんですよ。


などといった、説明はやめにして。
コケの花で良いんじゃないかな。
綺麗だしね。