寒蘭の自生地をみてきました。



高知県宿毛市。

寒蘭の聖地。


一度見ておきたかった寒蘭の自生地に案内していただきました。











まず、この4枚の写真をみて、木の表情に違和感を感じませんか?

そう、木の根がむき出しなんです。

何故か、それは寒蘭を採取するために人の手で掘り起こされたから。


寒蘭ブームの時には、1芽数万で取引されており、

県外からも多くのハンターが山を掘り起こしていった。

山の地形が変わるほどに。


今は一時期の熱狂はないが、案内していただいた場所も、
新たに掘られた土砂が斜面の下に体積していた。




これが、寒蘭の若芽。

山ではこの状態の寒蘭しか見られない。

成株・開花サイズは山にないのだ。

だから、野山で咲いている寒蘭は存在しない。


ちょっぴりさみしい。




発見した寒蘭を掘り起こしてみた。
(撮影後埋め戻しました)

直根が地中深くから伸びているのがわかる。

深い場合は1m位の深さから伸びているそうだ。


その下には、生姜根とかホルモンと呼ばれるライゾームが眠っている。

要はライゾームから直根が伸び、萌芽するのだ。

だから、寒蘭ハンターが新芽だけとって行っても、

数年するとまたライゾームから芽が伸びてくる。


最初の写真を思い出してほしい。

寒蘭ハンターは土を全部掘り起し、振るいにかけ地中に眠るライゾームまで、

正に根こそぎ持っていく。

だから地形が変わってしまうんだ。。。




いつか寒蘭を山で見ることができるだろうか。

何年かしたらまた訪れてみたいと思った。






コメント