2018年3月4日日曜日

新作 苔むす溶岩石「苔石」シリーズ

タマゴケの着生


道草michikusaの新作シリーズ
「苔石」は溶岩の石にコケを着生させた作品です。

アクアリウムショップで良く販売されている、テグスで巻き付けた着生ではなく、石に生えるように苔を仕込んで、数ヶ月間栽培し活着させたものです。
テグス巻きのものに比べると、より自然に生えた情景をお楽しみいただけます。
また、コケの仮根が完全に石に絡みついているため、簡単にはがれてしまうことはありません。

コツボゴケの着生


ヒメホウオウゴケの着生

コツボゴケとタマゴケ

ヒノキゴの着生

クジャクゴケの着生

数種類のコケを着生させたものも



ルーペで覗き込むと、さらに魅力が倍増!





作品は、フタのあるガラス容器の中で育ててください。


ガラス容器の中にテラリウム用SOILまたは、赤玉土小粒を敷き、その上に「苔石」を置いて飾ります。
◆SOILを敷かないで、ガラス直接だと中の水が腐りやすくなります。



容器に土を敷いて

水で湿らせる

苔石を配置して

フタをしめる


「苔石」活用方法の動画解説





少し大きめのものはこのような容器でも。


テラリウムのレイアウトとして、組み込むこともできます。


水槽を利用して、大小並べても綺麗です。






基本管理は通常の苔テラリウムと同じです。
2週に一度のペースで霧吹きをかけましょう。
この時に「苔石」全体が湿る用にして下さい。

苔テラリウムの基本管理はこちらをご覧ください⇒http://y-michikusa.com/kokenomori.html#sodate


1~2ヶ月に一度「苔石」を取り出し、流水で洗うとよりきれいな状態を保つことができます。



徐々に石が苔むしていくようすを、ゆっくりとお楽しみください。


◆「苔石」シリーズはこちらのサイトでご購入いただけます。

◆「苔石」を作る着生ワークショップも開催しています。
ワークショップの予定はホームページをご覧ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿