コケ栽培セット 補足説明 ~育った後編~


シャーレのなかでコケを育てて楽しむ「コケ栽培セット」

乾燥させて休眠させたコケを土と混ぜて湿らせると、

コケが芽吹き成長します。

商品の詳しい説明はこちらを ⇒ http://www.y-michikusa.com/kokeset.html



さて、今回は生えてきたコケが途中でダメになってしまった~

フタを開けて育てたい場合どうしたら良いの?

といった方にワンポイントアドバイス。




こちらは、ハイゴケ。

約三ヶ月間栽培したものです。

うねうねと緑色のコケが伸びてきました。

これまでの間、シャーレのフタはしめた状態で、
乾かさないように霧吹きをかけて管理しています。


この状態だと新しく生えたコケが、土から出た状態になっているので乾きやすく、

フタを開けて育てるとすぐに乾燥してしまいます。




赤玉土の極細粒を上から足します。

赤玉主体にブレンドしてあります。








土が全体に行き渡るようシャーレを振って馴染ませます。




霧吹きで良く湿らせます。






このようにコケの先端が土から出ている程度が良いです。

こうするとコケの元の部分が土に隠れるため乾きにくくなり、
成長が良くなります。








コメント