涼しくシットリ コケ日和


急に涼しくなり、お天気悪い日が続きますね。
こんな日はお家の中の苔玉や苔盆栽をお外に出してあげましょう!
コケは涼しく空気がシットリしているこんな季節が大好きです。


晴れた日に日光浴させてあげた方がいいんじゃないの? そう思っていませんか。
コケは曇り日くらいの明るさで十分に光合成します。
晴れていて逆に明るすぎると光合成しないんですよ。


苔玉に植わっている苗木も室内で育てていたものを急に晴れた日差しに当てるとダメージが出る場合も。人間のお肌のトラブルと同じですね。
曇りの日から徐々にお外の環境に慣らしてあげることが大切!


シトシト雨だったら、雨のかかるところに置いてあげるのもグゥ~
じっくり浸み込むので、水道水をジョウロであげるのと全然違って木やコケがイキイキします。
だって自然の植物はいつ水をもらうの? 雨の日でしょう!
晴れた日鉢植えや庭木に水をかけるのは特殊な環境で育てられた植物を乾かさないため。
本来水が欲しいのはこういう雨の日なんだと思うんですよね。



夏の間に色が悪くなってしまった苔玉もお外でイキイキ、緑の新芽が出てきます。
晴れの日はまだまだ暑くなるかと思いますので、日陰に取り込むのもお忘れなく。



こんなコケ日和、森のコケも綺麗なんだろうな~
見にいきたいな~
と妄想を膨らましつつパソコンの前で月末の事務仕事という現実・・・。





コメント