2013年4月6日土曜日

イロハモミジの苔玉





先日ご案内した、4月23日の苔玉ワークショップ。

植物はイロハモミジに決定しました。


モミジって秋の紅葉を楽しむ植物のように思いますが、

芽吹きもとっても綺麗なんですよ。

それに大切に育てていけば、秋の紅葉まで葉の変化が楽しめるわけ。



今回使うイロハモミジは、

苗木をタネから育てるこだわり生産者下田園芸さん!

挿し木じゃなくタネから育てることで、

木一本一本に個性があり、丈夫に育つんですって。

こんな小さな苗木でもタネから2~3年かかっているそうです。。。

ちなみに挿し木なら1年で出荷できるので、

とても非効率だけど良いものへのこだわり。



そしてコケは、

コケをタネから育てるこだわり生産者モスカンパニーさん!

コケなんて山に行けばいくらでもはえてるじゃーんって思うでしょ。

でもね、コケは生長するのがとってもゆっくりな植物。

山のコケを根こそぎ採取してしまうと自然破壊にも繋がるんだって。。。

モスカンパニーさんは環境への配慮から、

農場で養殖して増やしたコケを出荷しているそうです。







まだあきがありますので、是非参加して下さいね~


そうそう、パタゴニアさんのピクニックランチも楽しみ!


ワークショップ申し込み詳細はこちらを見て下さい。⇒











0 件のコメント:

コメントを投稿