山の春蘭




暖かな春。

盆地で桃の花が咲くころ、山の春蘭は見ごろをむかえる。






春の日に大きく羽をひろげて!




春蘭は落ち葉のつもる斜面に咲いている。

冬はお日様がたっぷり注ぎ、

夏は柔らかな木漏れ日となる場所。

常緑樹の下には咲かない。

平らな場所にもあまり咲かない。


深く積もったふかふかの落ち葉が冬の間、

花芽を寒さから守ってくれる。

春蘭はそういう場所を探して生えている。





群がって咲く、黄花の春蘭。

この斜面には黄色の個体が多いようだ。

この株は昨年もっと葉が多かったのだが、、、

鹿にかじられてしまったのだろうか?

花が出ているところをみると、人間にとられてしまったわけではなさそうだ。




絹の衣をまとったような春蘭の花芽は実に美しい。




黄色のよこには、

こんな緑の花も咲いている。

春蘭は実に変化に富んでいる。

変化があまりにも多いことから、

まだ進化の過程の植物であるともいわれている。




暖かな昼休み。

桜の花見よりも良いが、山の中で春蘭の花見も良いものだ。


ひたすら斜面を下ったので、帰りが大変だったことは言うまでもない。











コメント