2012年8月8日水曜日

八ヶ岳の森にて

【八ヶ岳の森にて】

花仲間のわたなべさんに八ヶ岳の森を案内していただいた。

キノコや、コケ、多くの植物が自生している。

きっと視点を変えれば、多くの昆虫や動物、魚もいるのだろう。




 ふかふかのコケは、森の赤ちゃん達の苗床になっている。





斜面には滝のようにコケが這っている。
雨が少なく乾燥しているにも関わらずこの美しさ。
梅雨時に行ったらどんな景色が待っているのだろうか。




イロガワリ。強く触ると青く色が変るからイロガワリ。
食べられるキノコ。
森の中は毒キノコも多いから気をつけて。
秋の森はキノコがたくさんはえてくるそうです。




自然が作り出すオブジェは実に美しい。
人には絶対に真似できない。
どんなに似せて作ろうと、人工物になってしまうだろう。




まるで、コケの花が咲いているよう。